整形外科と接骨院の違いとは?

 

整形外科での治療は、一般的にレントゲン検査、MRI検査、注射や痛み止めの薬など投薬治療、手術(病院)、電気治療やリハビリなどが行われています。

接骨院では整形外科とは違って、骨格や筋肉、靭帯、関節、腱などの骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷等のケガに対して整復、固定、矯正などの方法を用いて「人間の持つ自然治癒力を最大に発揮させる治療を行います。」

手術や投薬などの方法使用せずに痛みの改善を行う、ケガのエキスパートです。

「むち打ち症」は正しくは頚部捻挫や頚部挫傷と言われており、 交通事故の衝撃で首を支えている筋肉、腱、靭帯などの組織が損傷している状態になります。

これらの症状は、実はレントゲン写真などでは写らないため痛みはあるが原因がわからないなどの診断をされたという患者様も多く聞きます。

こういった「むち打ち症」などの筋肉や靭帯への損傷は、正に接骨院が得意としている領域です。

接骨院への上手な通院方法とは?

交通事故に遭って手術や入院などの必要がないおケガをされた場合、まずは病院、整形外科に行って診断をしていただきます。

病院や整形外科でお伝えする内容が不安な場合は、まず当院にご連絡頂いても問題ありません。しっかりと状況をお聞きした上で病院や整形外科でどのように先生にお伝えすればよいのかアドバイスさせていただきます。

病院や整形外科に行った際に、まず痛いと思う部位は全て「レントゲン検査」をしてもらいましょう。このタイミングで「痛い」や「違和感」があるにも関わらず、先生にその部位を遠慮して言わないと、その後の治療が出来なくなる事もあります。

交通事故直後は興奮状態になっていて、痛みなどを正常に認識しづらい状態です。

そのため、数日後から急激に痛みが発生するケースもありますので病院に行った際に少しでも違和感がある場合は、そのすべての部位をしっかりとお伝えください。

その後、警察に提出する「診断書の作成」をします。

どこの病院に行ったら良いかわからない場合は、広瀬接骨院にてご紹介いたしますのでお気軽にご相談ください。

病院にて診断書を頂きましたら、次に広瀬接骨院へお電話して御予約をお入れ下さい。

治療費の支払いの手続き上、どこに治療で通うかを保険の担当者様に連絡する必要がありますが、このようなややこしい手続きは当院で代わりお電話させていただいておりますので、予約を取っていただいてご来院いただければ問題ありません。

担当者様には広瀬接骨院より○○様が通院する旨の連絡を致します。

その後は、接骨院に週3~4日、整形外科には1~2週間に1度程度の通院をする方が一般的です。

交通事故のおケガは目に見える表面ではわかりにくいため、大した事はないなどと勝手に思い込み、治療を怠ったばかりに数年間も痛みに翻弄させられた方々を何人もみています。

交通事故のおケガは「根本から治し切る!」事が重要となります。

痛みがぶり返す事が極めて少ない当院の「むち打ち専門治療」を是非受けてみて下さい。

最後に交通事故の怪我の治療は、「風邪をひいてお医者さんに掛る時と同じ」で御自分がどこで治療をするのかを御自身で決める事が出来ます。

おケガでお悩みの方は、交通事故に関わるサポート体制が整っている広瀬接骨院へお気軽にお問い合わせください。